遺産を受け取る“相続人”とは

遺産を受け取る相続人は法律で厳格に定められています。
これを法定相続人と呼び、遺産分割を公平におこなえるよう順位も設けられています。

法定相続人について

法定相続人と呼ばれるのは、以下の4つの親族です。

  • 配偶者
  • 子ども
  • 両親(祖父母)
  • 兄弟姉妹

さらにこれらの親族のなかで優先順位が設定されています。

■ 配偶者  常に相続人
■ 血族
第1順位 ・・・子(実子・養子 ・胎児)若しくは代襲者
      ↓
第2順位 ・・・第1順位の血族がいない場合
直系尊属 (父母→祖父母と親等が近い順)
      ↓
第3順位 ・・・第1順位及び第2順位の血族もいない場合
兄弟姉妹若しくはその代襲者

遺産を受け取る“相続人”とは?

被相続人に配偶者と子がいた場合は、法定相続は配偶者と子だけに全てがいきます。

被相続人に子がなくて、配偶者と親がいる場合は、配偶者と親で遺産相続をすることになります。
そして兄弟姉妹は「被相続人に子も親もいない」という状態になってやっと遺産を相続できます。

法定相続の順位が低いほど相続する遺産の割合は少なくなります。子は2分の1の遺産を相続できますが、親だと3分の1、そして兄弟姉妹だと4分の1まで割合が減ります。

また、「法廷相続人となるはずの子はいたが、被相続人より先に亡くなってしまった」という場合は、その子の子(被相続人の孫)が、「代襲相続」というかたちで相続することができます。

法定相続人に関するポイント
法定相続人となるのは、配偶者・子ども・親・兄弟姉妹となります。それぞれ優先順位や相続割合が決められていますが、もし遺言内容に不満がある場合は法律の専門家に相談してみましょう。

遺産相続について相談できる専門家を探す

遺産相続の悩みや問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

当サイトがオススメする遺産相続問題に強い事務所!

全国9拠点
弁護士法人ALG
【法律相談30分無料】遺産相続の悩みや疑問はほとんどのケースで弁護士に相談することで解決。専門弁護士が総合的にサポート。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東全域
アミエル税理士法人
相続専門20年のベテラン税理士が相続税の申告から納税まで損しない遺産相続をご提案します。効果的な対策ならお任せ下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
マーシャルアーツ
「争続」を回避するための遺言執行、遺産分割協議のサポート、さらに相続税の圧縮、相続財産の資産化にも自信があります。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ