誰でもわかる!不動産相続(相続登記)の方法

「相続登記」について理解しよう

「相続登記」…
普段、あまり聞きなれない言葉ですが、必ずしも他人事とは限りません。
遺産相続の問題に備えて少なからず覚えておいて損は無い知識であることは間違いありません。

「でも、相続に関する手続きや処理は専門家にお願いするから私は知らなくても…」

そう、思われる方もいらっしゃると思います。では、その時が来たらどう対処しますか?

その際に誰に相談しますか?ご自身で処理されますか?

そうですね。全く「無関心」というわけにもいかないのです。しかし、それほど具体的に難しく考える必要はありません。
相続登記について大まかな内容を把握するだけでも「いざという時」、どう考え、どう処理すればよいのか、そういった心構えがあるだけでも状況は大きく変わります。日常的に必要でない知識だからこそ、「いざという時」大事な意味を持つのです。

相続登記とは?

一言で表すなら「相続問題に関する不動産の手続き」です。

例えば、父親が亡くなり息子に遺産を相続する際、資産の一部に父親名義の土地や建物があるとします。その土地や建物を引き継ぐ時の処理が「相続登記」です。

土地や建物などの固定資産を「不動産」と呼びます。不動産を国の機関へ登録することを「登記」と言います。「この建物は誰が所有するもので」、「この土地は誰のものなのか」、不動産は所有者を特定するために名義で管理するのです。

つまり、相続登記とは「不動産の名義を変更するための手続き」となります。父親が亡くなり息子に不動産を相続する場合、父親から息子へと名義を変更しなければなりません。この際に行わなければならない処理が相続登記というわけです。

では、不動産相続(相続登記)についていざという時のために、具体的な手続き方法や必要書類、かかる費用などを確認してみましょう。

不動産相続(相続登記)を行うにはどうしたらいいの?詳細を確認!

相続登記の手続きの流れ

専門的な知識、複雑な書類作成などが必要になる相続登記ですが、始めから最後まで自分自身で処理することは可能です。相続登記の手続きや処理の流れについてきちんと理解した上で相続登記を行ってください。

詳しくはこちら

相続登記の必要書類を集める

相続登記の手続きには様々な書類が必要となります。どの書類も間違うことのできない重要な書類です。どんな書類をどこで集めどこに提出するのかを詳しく見てみましょう。

詳しくはこちら

相続登記を自分で行うときの費用

相続登記の手続きを自分で行う場合と専門家にお願いする場合は費用面でどのくらい違いがあるのでしょうか。また、費用、手間、ミスのリスク等を総合的に検証してみましょう。

詳しくはこちら

相続登記における登録免許税の計算方法

相続登記には登録免許税がかかります。登録免許税とはなにか。いくらかかるのか。どこで支払うのか。を手順にそって確認してみましょう。

詳しくはこちら

相続登記は司法書士のみしか対応できません

相続登記を専門家は基本的に司法書士となります。良い司法書士とはどういう人か。どういう事務所へお願いするのが一番なのかをご確認ください。

詳しくはこちら

遺産相続について相談できる専門家を探す

遺産相続の悩みや問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

当サイトがオススメする遺産相続問題に強い事務所!

全国9拠点
弁護士法人ALG
【法律相談30分無料】遺産相続の悩みや疑問はほとんどのケースで弁護士に相談することで解決。専門弁護士が総合的にサポート。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東全域
アミエル税理士法人
相続専門20年のベテラン税理士が相続税の申告から納税まで損しない遺産相続をご提案します。効果的な対策ならお任せ下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東対応
首都東京法律事務所
遺産相続トラブル、不動産相続でお困りの方は相続問題に精通した弁護士へご相談下さい。迅速な対応により素早い解決をご提案。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ