未成年が相続人になったら?

未成年が相続人になったら?

未成年者でも法定相続人に該当している場合は年齢に関係なく相続できます。

しかし、遺産相続の際に遺言書が見つからなければ相続人の間で遺産分割協議に入ることになりますが、その際に未成年者は協議の場に参加することができません。

これは未成年者が法的な契約をおこなうことができないためです。(遺産分割協議も法的手続きの一つと考えれらます)

このような未成年者の相続の不利益を避けるために、法定代理人を立てるという方法があります。

法定代理人(特別代理人)の選びかた

法定代理人(特別代理人)を立てる際には、家庭裁判所に申立てをおこない決定してもらう必要があります。対象者は成人であれば、条件や制限は特にありません。ただし、法定相続人に配偶者と子どもの両方が含まれている場合は、配偶者が法定代理人になることはできません。

この代理人は法的な主張を代弁できる立場が望ましいですので、一般的には弁護士や司法書士などの専門家を選任するケースが多いです。

また、相続人に未成年が2名いる場合には、法定代理人もその相続人の数だけ(2名)選任しなくてはなりません。

未成年が相続人の場合には
前述のように、未成年者は遺産分割協議に参加できないなど相続において不利益を被るケースが少なくありません。そのため、親権者が法定代理人を立ててあげるなどサポートが必要になります。この場合の代理人には法律と交渉のプロである弁護士が最適でしょう。

遺産相続について相談できる専門家を探す

遺産相続の悩みや問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

当サイトがオススメする遺産相続問題に強い事務所!

全国8拠点
弁護士法人ALG
遺産相続の悩みや疑問はほとんどのケースで弁護士に相談することで解決します。相続専門弁護士が相続の問題を総合的にサポート。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東全域
アミエル税理士法人
相続専門20年のベテラン税理士が相続税の申告から納税まで損しない遺産相続をご提案します。効果的な対策ならお任せ下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京
ユナイテッドブレイン
相続税の申告、節税、財産評価など遺産相続の手続きならお任せ下さい。税務のプロが迅速、丁寧にサポートいたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京
首都東京法律事務所
遺産相続、不動産相続でお困りの方は相続問題に精通した弁護士へご相談下さい。迅速な対応により問題解決をご提案します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関西一円
かめおか法律事務所
遺産相続で争族を回避するためには弁護士への相談が適切です。生前からの準備や死亡後の手続きは専門家の私たちにご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関西一円
小西法律事務所
遺言書作成などの相続開始前のお悩みから遺産分割手続などの相続開始後の紛争解決まで、あらゆる相続問題に対応します。

お問い合わせ・通話無料

事務所詳細

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ