遺言書を発見した場合は?

遺言書を発見した場合は?

もし、故人の遺言書を発見してもその場で開封することは止めましょう。

勝手に開封しても、遺言書の法的効力が失われることはありませんが、他の相続人から遺言内容を書き換えたと疑われてしまうことになります。

自筆証書遺言書が見つかったら、その開封は家庭裁判所でおこなうことが必須となります。家庭裁判所では遺言書が偽造されたものではないか検認手続きをおこない遺言書の効力を失わないように取り扱ってくれます。

また、開封は相続人の前でおこなわれ、その内容を相続人全員に伝えます。相続についての手続きや協議はその後になりますが、遺言書を家族裁判所で開封することで、遺言内容が相続人全員へ公平に伝わります。

もし、遺言書をすぐに家族裁判所へ持っていけない場合は、ひとまず金庫などで厳重に保管することです。
さらに安全な方法としては、弁護士など信頼できる第三者へ預けることが有効です。

遺言書を発見した場合のポイント
遺言書を見つけても開封してはいけません。家庭裁判所で相続人立会いのもと開封をおこないましょう。また、発見した時点で信頼できる代理人(弁護士、司法書士)に確認しながら手続きを進めればより確実です。

遺産相続について相談できる専門家を探す

遺産相続の悩みや問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

当サイトがオススメする遺産相続問題に強い事務所!

全国8拠点
弁護士法人ALG
遺産相続の悩みや疑問はほとんどのケースで弁護士に相談することで解決します。相続専門弁護士が相続の問題を総合的にサポート。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東全域
アミエル税理士法人
相続専門20年のベテラン税理士が相続税の申告から納税まで損しない遺産相続をご提案します。効果的な対策ならお任せ下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京
ユナイテッドブレイン
相続税の申告、節税、財産評価など遺産相続の手続きならお任せ下さい。税務のプロが迅速、丁寧にサポートいたします。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京
首都東京法律事務所
遺産相続、不動産相続でお困りの方は相続問題に精通した弁護士へご相談下さい。迅速な対応により問題解決をご提案します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関西一円
かめおか法律事務所
遺産相続で争族を回避するためには弁護士への相談が適切です。生前からの準備や死亡後の手続きは専門家の私たちにご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
マーシャルアーツ
「争続」を回避するための遺言執行、遺産分割協議のサポート、さらに相続税の圧縮、相続財産の資産化にも自信があります。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ