知っておきたい遺産相続の用語集

寄与分(きよぶん)

遺産相続というのは、遺言書がないかぎりは基本的に「法定相続人が、法で定められた法定相続分に基づいて遺産を割り振る」というやり方をするケースが多いのですが、ここで問題が出てくることも少なくありません。

たとえば、親を亡くした3人の兄弟がここにいたとします。法定相続としては、この3人の相続額は「全員平等に、3分の1ずつ」という形になるのですが、その3人の兄弟の中に「親が従事していた自営業の経営に大きく貢献し、さらに介護が必要になってからは、施設に預けたりせず自宅で必死に介護をしていた」という人がいた場合はどうなるでしょう。
経営貢献や介護をしていた人が「親に対する貢献度が他の2人とは全然違うんだから、その分は考慮してほしい」と考えるのは自然な感情です。

そんな人の努力に応えてくれる制度となるのが「寄与分」です。
寄与分とは、被相続人の財産の維持や形成に貢献した特定の相続人に対して、その貢献度に応じた分を法定相続分に上乗せできる、というもの。

先ほどのケースの場合だと、親の自営業の経営に関わることで財産形成に貢献し、さらに介護においても施設に行くような費用の流出をさせず財産の維持に努めた子については、この寄与分を受けられる可能性が高い、ということになります。

ただし、寄与分の認定はかなりシビアです。極端な言い方をすれば、感情論抜きで「被相続人の財産維持と形成にどこまで貢献したか」という一点に焦点が当てられます。
ですから「私が親と同居していたからこそ、親はさびしい思いをしなくて済んだはず、これも貢献だ」というような理由では、まず認められませんよ。

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ