知っておきたい遺産相続の用語集

相続人(そうぞくにん)

故人=被相続人の財産を相続する権利がある人のことを、相続人といいます。被相続人から見て、どこまでの範囲が相続人になれるのかは民法で規定されているので、「法で定められた相続人」ということで、「法定相続人」という正式名称があります。

遺言書で遺産をどうするか、という被相続者の遺志がハッキリしていれば、基本的には遺言書の内容にのっとった遺産分割がなされるわけですが、遺言書がない場合は、法定相続人が遺産を相続する、ということになるわけですね。法定相続人が複数いる場合は、遺産分割協議を法定相続人全員でおこない、その協議で合意した内容で遺産を分割したりします。

さて、この法定相続人になれる人の範囲はどこまでなのかというと・・・被相続者から見て「配偶者」「子」「実の両親」「実の兄弟姉妹」となります。しかし遺産相続が発生したら、ここに挙げた法定相続人の範囲に含まれるすべての人に遺産がわたるわけではありません。

法定相続人には、実は順番があるのです。配偶者は問答無用で法定相続人になれるのですが、被相続人の子・両親・兄弟姉妹という、いわゆる「直系尊属」の法定相続人は、「子がいれば子が最優先、子がいなければ次は親、子も親もいなければ兄弟姉妹」という感じで、相続権が回ってくる順番が決まってるんですよ。ですからたとえば「配偶者と子がいる人の遺産相続」の場合は、配偶者と子だけですべての遺産相続をすることになり、両親や兄弟姉妹には回ってこないということです。

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ