忘れずもらおう埋葬料と葬祭費

遺産相続とは少し違う話しになりますが、知っておくと得する情報をお知らせします。

家族や親族が亡くなったら、国民健康保険から埋葬料や葬祭費をもらえます。
それほど高い金額ではありませんが、保険組合に申請をおこなうと受け取れます。

埋葬料と葬祭費について

忘れずもらおう埋葬料と葬祭費

埋葬料と葬祭費は呼びかたが異なるだけで扱いとしては同じです。
個人事業者などが加入する国民健康保険から支給されるものは葬祭費、会社員が加入する健康保険(社保など)は埋葬料と呼ばれています。
また、もし死亡理由が労災事故であれば加入している労災から葬祭費が支給されます。
いわば、健康保険から支給される死亡お見舞金のようなものになります。

これらのお金は死亡届けを出さないともらえません。もらえる金額は地域によって異なりますが、国民健康保険の場合だと3~7万円ぐらいで健康保険は一律5万円ぐらいになります。

申請方法

国民健康保険の場合は市区町村へ、健康保険の場合は全国健康保険協会の支部へ届け出ます。
申請書への記入とともに所定の書類を提出しなくてはなりませんので、事前に各機関で確認しておきましょう。
ちなみに申請期限は2年間ですので、死亡後2年以内であれば支給してくれます。

埋葬料と葬祭費に関するポイント
埋葬料と葬祭費は健康保険へ申請すれば、特に条件を満たす必要はなく受け取れます。これは、知っている人のみが得をする制度ですので忘れずに申請しましょう。

遺産相続について相談できる専門家を探す

遺産相続の悩みや問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

当サイトがオススメする遺産相続問題に強い事務所!

全国9拠点
弁護士法人ALG
【法律相談30分無料】遺産相続の悩みや疑問はほとんどのケースで弁護士に相談することで解決。専門弁護士が総合的にサポート。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

関東全域
アミエル税理士法人
相続専門20年のベテラン税理士が相続税の申告から納税まで損しない遺産相続をご提案します。効果的な対策ならお任せ下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

全国対応
マーシャルアーツ
「争続」を回避するための遺言執行、遺産分割協議のサポート、さらに相続税の圧縮、相続財産の資産化にも自信があります。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

遺産相続の問題を解決してくれる専門家を絞込みで探す

■ お住まいの地域から探す

/ /

■ 相談したい内容から探す

地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ